【完全解説】2020年最新データからミノキシジルタブレットは安全か?効果は?副作用は?【専門薬剤師が解説!】

 AGAといわれる脱毛症に悩んでいる人はさまざまな育毛剤を試していると思います。

 その中でミノキシジルというリアップの中にも含まれる成分がAGAなどの脱毛症に効くことが証明されています。

しかし、世の中には「リアップのように塗る」のではなく、錠剤として飲むタイプ(ミノキシジルタブレットといった名称)で販売されていたりもします。

この「飲むタイプ」の薬の方が抜け毛がかなり減って、薄くなってしまった毛髪は濃くなると思っている人が多いようです。

 しかし、グーグルなどでミノキシジルタブレットのことを調べると

副作用があるから飲まないほうがいい」

という情報が多いように思います。

これらのほとんどは、2017年の「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン」という学会の情報をもとに書いてある記事がほとんどです。

 そしてこのガイドラインではミノキシジルの内服薬は使用するべきではないと書いてあります。 

しかし、脱毛症のガイドラインが作られたのは2年以上前ですので最新の情報ではありません。

 この2年で多くのミノキシジルに関する論文が発表されています。

 ここでは2020年8月時点での最新論文をもとにミノキシジルの錠剤(タブレット)が本当に効くのか?副作用はあるのか?を専門薬剤師に監修していただき解説していきます。



2019年のデータのよるとミノキシジルの内服薬はリアップと効果は同じ!

 

 2020時点で最新も論文は2019年に発表された研究によると、「ミノキシジルのタブレットを飲んだ人」と「リアップなどのミノキシジル外用の育毛剤を頭皮に塗った場合」では髪の増え方はほぼ一緒だったらしいです

J Am Acad Dermatol. 2019 Aug 29. pii: S0190-9622(19)32666-0. doi: 10.1016/j.jaad.2019.08.060
ミノキシジルのローションと錠剤(タブレット)で発毛効果は変わらない!

 インターネット上の情報ではミノキシジルはタブレットのほうが強力!みたいなことが書いてあったりしますが、間違いです。

ミノキシジルの育毛剤を選ぶ基準やおすすめの育毛剤をまとめた記事もおすすめです。




 

ミノキシジルの内服は副作用が出やすい!しかも重篤な副作用!

 

 このミノキシジルの錠剤(タブレット)という薬はアメリカでは血圧の薬をして病院で使われていますが、使い方が難しく、使用方法を間違えると死亡する可能性が高い薬です。

ミノキシジルタブレットはアメリカでは心臓に薬として認可されていますが、AGAの治療での使用は認めていません

 さらに、アメリカでの薬の説明書には、このように警告がされています。

May cause pericarditis and pericardial effusion that may progress to tamponade
ミノキシジルは心タンポナーデ起こす可能性があるから気を付けて!

※心タンポナーデとは、心臓に水がたまり、心臓が動きにくくなり、場合によっては心停止を起こします。




どうしてミノキシジルの内服は発毛効果が強いという誤解が広まったのか?

 あくまで仮説ですがいくつか考えられます。

理由その1:全身の毛が濃くなるから強力な印象を持つため

 ミノキシジルのタブレットには多毛症という全身(特に顔と腕)の毛が濃くなる副作用があります。

 この副作用は39%に見られます。

Hypertrichosis was reported in 39% (7/18) on the face (most commonly the skin lip) and arms, yet all affected patients continued therapy due to its perceived benefit for their scalp hair.
※Case series of oral minoxidil for androgenetic and traction alopecia: Tolerability & the five C’s of oral therapy 

つまり、「全身の毛が濃くなる=強力」と思ったのかもしれません。

わからなくもありませんが、頭皮の毛が濃くなる強さはリアップなどの塗るタイプと変わりません。

理由その2:アメリカでの文化?慣習?みたいなものが日本に伝わった?

 アメリカではミノキシジルの内服薬(タブレット)は血圧の薬として病院で使用されるのですが、AGAの治療に使用することは承認されていません

しかし、ミノキシジルのローションタイプよりもミノキシジルのタブレットのほうが安いため、AGAの治療にミノキシジルのタブレットを使用することが多いようです。

ちなみにアメリカでのミノキシジルの錠剤の値段は3か月分で3千円くらいです。

At $37 CDN (USD $28.60) for a 3 months’ supply

 ローションタイプ(日本でいうところのリアップ)は1か月分で27.14ドル(日本円で3千円くらい)でアメリカでは販売されています。(日本では7千円くらいなので日本に比べると安いですが・・・・)

まとめ

 日本にはミノキシジルの錠剤は流通していませんので、入手するには海外から個人輸入するか、AGA専門のクリニックが輸入したものを購入するなどの方法が一般的ではあります。

 しかし、輸入した医薬品は偽造品の可能性もありますし、効果もリアップ(ミノキシジルの塗り薬)と変わらないですし、死ぬかもしれない重大な副作用が出るのにミノキシジルの内服でAGAを治療するの相当、勇気がいります。

 市販のリアップなどで効果がない場合はミノキシジルの錠剤に頼らなくても、フィナステリドやデュタステリドなど、とても効果が強い薬がたくさん日本で販売されています。 

これらフィナステリドやデュタステリドは医師の診察が必要ですが、現在はオンライン診療(スマホのテレビ電話で行う診療)が認められているので、それこそ通販の感覚で購入できます。

 オンライン診療で行うAGA治療について詳しくは別の記事で解説しています。近くのオンライン診療可能な病院・クリニックも探すことができますのでおすすめです。

市販薬の育毛剤を探している方は効果の強い順にランキングにまとめたこちらもおすすめです。↓





 

関連記事

  1. 【専門薬剤師監修】市販で買えるザイザルと同じ成分の花粉症薬は本当はあるけど、ほとんどみんな知らないって話

  2. 【禁煙する時の必読の注意点】禁煙する前に医者に伝える必要のある23の薬

  3. 【完全比較】自宅でできるがんの検査キットで信頼性が高いものを最新データを元に紹介!

  4. 【専門薬剤師が厳選】使えるクレジットカードに付帯している医療相談一覧

  5. アレジオン点眼は市販されていない

    【専門薬剤師監修】アレジオン点眼液は市販されていないけど、同じくらいの効果がある点眼薬は市販されているって話!

  6. 緊急避妊薬の処方はオンライン診療で可能になる方針!

サイト内の記事を探す↓

※キーワードを入力すると、このサイト内の情報を簡単に検索できます(例:育毛剤 市販薬)
  1. 【周りから「おっ!」思われたい人必見】年収1000万の40代の…

    2021.09.21

  2. 【一つの情報源だけでは危険!】配合変化を調べる方法・おすすめの…

    2021.09.15

  3. 【未経験でもイケた!】最大手製薬企業の学術への転職に成功した薬…

    2021.08.19

  4. 【病院薬剤師の給料安すぎは嘘!】大学病院の薬剤師の給与を公開!

    2021.08.10

  5. 【若手薬剤師が周りと差をつける!】専門薬剤師が最終的に行き着い…

    2021.08.08

  1. 【専門薬剤師監修】ストレスで起こる下痢の治し方!この3つの市販…

    2019.03.13

  2. 【最新データで比較】ニコレット?ニコチネル?シガノン?禁煙の厳…

    2019.03.02

  3. 【専門薬剤師おすすめ】市販薬でAGAを治すならこの2択【ミノキシジ…

    2019.02.26

  4. 【専門薬剤師監修】ちゃんと効く市販薬で花粉症を治すならこの2択…

    2019.02.04

  5. 【2020年専門薬剤師監修】ピロリ菌検査してない人必見!信頼できる…

    2019.01.31