【専門薬剤師監修】育毛に効果があるビタミンはビタミンB?ビタミンD?臨床データから薄毛の人が飲むべき4つのビタミンを紹介!

薄毛の人がビタミン剤を選らぶ時のポイント

薄毛に悩んでいる人育毛効果を期待してビタミン剤などのサプリメントを飲んでいる人は多いと思います。

しかし、インターネットの情報を見ると、

「ビタミンB」がいい

とか、

「ビタミンD」がいい

とか、

「ビタミンは効果ない」

とか色々な情報が出てきます。

本当のところどうなのか?気になったので臨床データ(論文)でこの3つ質問を調べてみました

・どのビタミンに育毛効果があるのか?
・どのくらいの期間飲めば効果が出るのか?
・どの程度の効果があるのか?

これらを臨床データを元に解説します。

このサイトは専門薬剤師の監修をもとに作成しています。

どのビタミンに育毛効果があるのか?

ビタミンと言っても種類はかなりたくさんあります。

ビタミンの種類
ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンB6 ビタミンB12 ビタミンC ビタミンD ビタミンE 等

ではこれらの中で育毛効果があると臨床データから証明されているのかというと、

結論から言いますと、

「ビタミンB2」「ビタミンC」「ビタミンD」「ビオチン」

です。

この根拠ですが、以下の論文が根拠となります。

The Role of Vitamins and Minerals in Hair Loss:A Review(抜け毛に関するビタミンとミネラルの役割)

Dermatol Ther (Heidelb) (2019) 9:51–7

※いろいろ論文を検索した結果、こちらの論文にすべてが集約されていると思いますので紹介します。

この論文に書いてあることをざっくりまとめていいますと、

・いくつかのビタミンが体の中で不足すると、薄毛になる。

・そのビタミンは「ビタミンB2」「ビタミンC」「ビタミンD」「ビオチン」

ということです。

ですので、他のビタミン(例えば「ビタミンA」「ビタミンE」「ビタミンB12」)は不足しても薄毛になるわけではないので、これらのビタミンを飲んでも抜け毛への効果はないということです。

市販されているサプリメントで「ビタミンB2」「ビタミンC」「ビタミンD」「ビオチン」を十分に取れるものはどれか?

サプリメントは現在、かなりの数が販売されています。

実際はどれでもそれなりにビタミンを摂取できますが、不足すると薄毛の原因になるビタミン(「ビタミンB2」「ビタミンC」「ビタミンD」「ビオチン」)を効率的に補充したいなら、

当サイトではこちらのサプリメントをおすすめします。

このサプリメントがおすすめの理由は?

最初に紹介した臨床データで抜け毛には「ビタミンB2」「ビタミンC」「ビタミンD」「ビオチン」が効果を示したというデータを紹介しましたが、この臨床データにはビタミンだけでなく「ミネラル」に関しても検討してます

実はミネラルも抜け毛に効果がある!

ミネラルって聞いたことがあると思いますが、

ワカメなど海藻に多く含まれる成分で、シャンプーにも配合されていたりして髪に良い

ということはなんとなく知っている人も多いのではないでしょうか?

ただ、ミネラルもビタミンと同じように種類がたくさんあります。

ミネラルの種類
銅、鉄、亜鉛、モリブデン、セレン、クロム、マンガン、コバルト等

実はミネラルも全部が全部「育毛に良い成分」というわけではないということです。

ではミネラルの中でどれが抜け毛に有効かというと、

「鉄分」

です。

具体的にこの論文になんて書いてあるかというと、

鉄分の不足は薄毛の原因になる

とのことです。

亜鉛を飲むと髪の毛が増えると聞いたことがあるがどうなのか?

インターネット情報などで確かに「亜鉛を飲むと髪の毛が増えた」といった情報がちらほらあります。

しかし、今回紹介した論文にはなんて書いてあるかというと、

「Data are not homogenous and findings are too inconsistent to recommend screening」
(効果があるとかないとか一貫性がないよ)

ってことです。

ですので、確実性が高いものを選ぶなら
「鉄分」「ビタミンB2」「ビタミンC」「ビタミンD」「ビオチン」
を摂取しましょう。

ビタミン剤を飲むことで、どのくらいの育毛効果があるのか?

ビタミン剤を飲むことでどのくらいの育毛効果があるのか気になると思います。

ここで注意していただきたことは、「臨床データで証明されたことは何か?」ということです。

ここで証明されていることは、「ビタミンB2」「ビタミンC」「ビタミンD」「ビオチン」が体から不足すると薄毛の原因になるから、食生活のバランスが悪くビタミン不足が原因で薄毛の人には育毛効果があるかもしれないということです。

つまり、逆に言うと、
食生活のバランスが良くて、これらが不足しているわけではないのに薄毛の人はこれらのビタミンを飲んでも効果がないと考えられます。

つまり、どのくらいの育毛効果が期待できるかというと、

「本来の毛量に戻る」

というイメージです。

本来の毛量とは?

本来の毛量ってどういうことか?と言いますと、健康的な食生活をしてビタミンもしっかりとれていればこのくらいの毛量だっただろうという意味です。

ちなみに毛量は基本的に「遺伝」です。※実際はその他にもストレスや運動なども影響します。

どのように毛量・薄毛は遺伝するのかは別の記事で詳しく解説していますので、気になればそちらも参考にしてください。

どのくらいの日数で効果があるのか?

どのくらいで効果が出てくるのか気になると思いますが、論文を読んでも「発毛までの期間」に関しては特に書いてありませんでした。

ただし、発毛剤の効果は大体3-4か月くらいで効果を実感できます。この期間は毛髪の生えるサイクルに関係しております。

その理論から推測すると、数か月(3-4か月)ほどは様子を見る必要があると思われます。

抜け毛を防ぎたい人がビタミン剤を選ぶときのまとめ

・「ビタミンB2」「ビタミンC」「ビタミンD」「ビオチン」が不足すると薄毛になる可能性が臨床データで証明されているので、サプリなどで補いましょう

・ミネラルでは「鉄分」が不足すると抜け毛の予防になる可能性もある

・亜鉛は抜け毛に効果がない(可能性が高い)

・サプリを飲んでも劇的に髪が生えるといういうことがない(あくまで、正常に戻るイメージ)

薄毛は市販の育毛剤でかなり改善します。ただし間違えた育毛剤を選ぶと効果がないどころか薄毛が進行してしまうので臨床データに基づいた育毛剤選びをしてください。

こちらの記事では根拠を示して効果的な育毛剤を紹介していますので参考にしてみてください。

関連記事

  1. 【専門薬剤師おすすめ】男性部門の市販の育毛剤ランキング【臨床データから効果が高い順】

  2. 【診療報酬改定】2020年から花粉症の人の受診料が高くなる?【高くなる人の特徴は?】

  3. カロヤンの効果は?リアップとの違いを解説!【データで徹底解説】

  4. ミノキシジルの生え際への効果

    【専門薬剤師監修】生え際に効かないはうそ!リアップなどミノキシジル外用薬の効果を臨床データから解説!

  5. 【専門薬剤師監修】ちゃんと効く市販薬で花粉症を治すならこの2択【2021年版のおすすめ】

  6. 【電話健康相談】JCBのドクターダイレクト24 を利用して助かったって話

サイト内の記事を探す↓

※キーワードを入力すると、このサイト内の情報を簡単に検索できます(例:育毛剤 市販薬)
  1. 【周りから「おっ!」思われたい人必見】年収1000万の40代の…

    2021.09.21

  2. 【一つの情報源だけでは危険!】配合変化を調べる方法・おすすめの…

    2021.09.15

  3. 【未経験でもイケた!】最大手製薬企業の学術への転職に成功した薬…

    2021.08.19

  4. 【病院薬剤師の給料安すぎは嘘!】大学病院の薬剤師の給与を公開!

    2021.08.10

  5. 【若手薬剤師が周りと差をつける!】専門薬剤師が最終的に行き着い…

    2021.08.08

  1. 【専門薬剤師監修】ストレスで起こる下痢の治し方!この3つの市販…

    2019.03.13

  2. 【最新データで比較】ニコレット?ニコチネル?シガノン?禁煙の厳…

    2019.03.02

  3. 【専門薬剤師おすすめ】市販薬でAGAを治すならこの2択【ミノキシジ…

    2019.02.26

  4. 【専門薬剤師監修】ちゃんと効く市販薬で花粉症を治すならこの2択…

    2019.02.04

  5. 【2020年専門薬剤師監修】ピロリ菌検査してない人必見!信頼できる…

    2019.01.31