リアッププラスはリアップx5と比較して効果は?安全?価格?専門薬剤師が解説!【ミノキシジル比較】

別の記事で詳しく解説していますが、薄毛治療は「ミノキシジル」という成分の育毛剤を使うのがベストです。

臨床データを元にした育毛剤の育毛効果ランキング(男性版)

臨床データを元にした育毛剤の育毛効果ランキング(女性版)

その上で効果が不十分な場合に別の方法を取るという戦略がベストです。

ただ、「ミノキシジルが配合された育毛剤」はたくさん販売されていてなんとなく選んでいる人が多いです。

また、「ミノキシジルが配合された育毛剤」として「リアップx5プラスネオ」という商品が有名ですが、「リアップ」にもたくさん種類があってどれを選んだらいいか迷うと思います。

結論から言いますとリアップシリーズの中では、「リアップX5プラスネオ」という商品が一番効果が高いのでおすすめです。

リアップシリーズの中で「リアッププラス」というのを買おうか悩んでいる人がこの記事に辿りついたと思いますが、効果・副作用・コストを総合的に判断すると、リアッププラス」はあまりおすすめできないとの判断になりました。

この記事では、「リアップx5プラスネオ」と比べて「リアップジェット」はどうしておすすめではないか

  • 効果は?
  • 副作用は?
  • 価格は?

という観点から解説していきます。

このサイトは専門薬剤師の監修をもとに作成しています

リアップX5プラスネオと比較してリアッププラスの効果は?

リアップX5プラスネオは市販されている育毛剤の中でもっとも発毛効果が期待できる育毛剤です。

そして、リアッププラスの発毛効果は、

リアップX5プラスネオと比較してリアッププラスは発毛効果が低いということが証明されています。
参考: J Am Acad Dermatol 2002; 47:377.

発毛効果が低い原因は、どちらも有効成分である「ミノキシジル」という成分が含まれていますが、「リアッププラス」は濃度が低いからです。

育毛剤はミノキシジルという成分を選ぶべき科学的根拠に基づいた理由

具体的に、「リアップX5プラスネオ」と「リアッププラス」の有効成分を比較してみると、

リアップX5プラスネオ
5%ミノキシジル、ピリドキシン塩酸塩、酢酸トコフェロール、l-メントール、ジフェンヒドラミン塩酸塩、グリチルレチン酸、ヒノキチオール

リアッププラス
5%ミノキシジル、パントテニールエチルエーテル 、トコフェロール酢酸エステル 、l-メントール (参考:PMDAより)

どちらも「ミノキシジル」という成分を配合していますが、濃度が5倍も違います

この濃度の違いが発毛効果の違いの原因となってます。

ミノキシジル以外の成分で発毛効果に違いがあるのか?

リアップX5プラスネオリアッププラスの有効成分を見比べてみると、ミノキシジル以外にもいくつか成分が配合されています。

そもそもミノキシジルX5プラスネオの方が沢山成分が配合されているから、ミノキシジルX5プラスネオのほうが効果が高いでしょ?
って思う人が多いのですが、完全に間違いです。

多くの人はこれに騙されて、高い育毛剤・発毛剤を買ってしまっています。

ミノキシジル以外の配合された成分はほとんどがビタミンです。

例えば、

トコフェロール ⇒ ビタミンE
ピリドキシン ⇒ ビタミンB6
パントテニール ⇒ ビタミンB5

などです。

ちなみにここに挙げた、ビタミンB5、ビタミンB6、ビタミンEなどは全て発毛効果や育毛効果がないことが論文で証明されています。参考:Dermatol Ther (Heidelb) (2019) 9:51–7

ちなみに、薄毛に効果があるビタミンは「ビタミンB2」「ビタミンC」「ビタミンD」「ビオチン」などが科学的に証明されているものもあります。*ただし、「塗る」のではなく「飲む」場合ですが・・

科学的に証明されている薄毛に効果があるビタミンのまとめ

リアップX5プラスネオにはビタミンがたくさん配合されていて「なんか良さそうな感じ」と勘違いしそうですが、

発毛効果という点では「ミノキシジルの濃度」のみが重要と考えてください。

リアッププラスの副作用は?

リアッププラスのほうが発毛効果が低いということですが、副作用はどうなの?

と思うかもしれません。

結論から言いますと、副作用の出やすさは変わらないというデータがあります。

※ちなみに育毛剤の副作用でもっともよく出るのが「頭皮の炎症」つまり「皮膚炎」です。

リアッププラスもリアップx5プラスネオもいずれも副作用は軽度または中等度であり、皮膚症状、程度に違いはなかった

PMDA審査資料より

ちなみに、皮膚炎の原因となるのが、育毛剤に含まれる添加物の「プロピレングリコール」ですが、リアッププラスもリアップx5プラスネオも「プロピレングリコールを含まない」育毛剤です。

プロピレングリコールと頭皮の皮膚炎に関しては別の記事の下の方にくわしく解説してます。興味があれば読んでみてください。

ちなみに、皮膚炎の原因となる「プロピレングリコール」が入っている育毛剤は沢山あるので注意してくださいね。

なにか育毛剤を既に使っていて皮膚炎が出た人は一度プロピレングリコールが入っていないか確かめてください。もしも入っているようならリアップX5プラスネオやプロスモV5などプロピレングリコールが入っていないものに変えることをおすすめします。

リアッププラスの価格は?

リアッププラスリアップX5プラスネオより発毛効果が低いという説明をしましたが、

じゃー値段はどうなの?

と思うかもしれません。

価格面では、リアッププラスの方が若干安くて千円くらいお得です

リアッププラスは効果が低いが価格はお得

リアッププラスもリアップX5プラスネオのどちらも通販で買うことを想定して、楽天で価格を比較すると、このようになります。

リアッププラス → 5764円(1か月分)

リアップX5プラスネオ 
 → 6600円(1か月分)

一か月で千円弱違うと悩みますよね?

ですが、楽天でリアップX5プラスネオを買うとタイミングによりますが、ポイントが付くので実質6千円で買うことができ、そうすると、リアッププラスとの差額がほぼなくなります。

 当サイトではたくさん販売されているミノキシジル配合の育毛剤の中効果の高さ・副作用の出にくさを考慮した最安値の育毛剤を調査して毎日更新していますので、それを参考にしてもらうと実質2千円くらいの差で済みます。
 高い発毛効果の育毛剤をお得に選ぶことができますので、下記の記事も参考にしていただいて発毛効果が高い育毛剤を選ぶことをおすすめします。

【毎日更新】リアップを含めたミノキシジルの育毛剤の最安値は?

まとめ

  • リアッププラスの発毛効果は、リアップX5プラスネオよりも弱い発毛効果である
  • リアッププラス皮膚炎を起こしにくいと考えられるが、リアップX5プラスネオ差はないというデータがある
  • リアッププラスはコスト面ではリアップX5プラスネオより千円くらい安くなる

こちらの記事もおすすめです。

男性版ランキング

女性版ランキング

関連記事

  1. 【専門薬剤師解説】インフルエンザワクチンの効果はどのくらい続く?ベストな接種タイミングを解説!

  2. 【専門薬剤師が解説】インフルエンザ鼻ワクチンを今のところはおすすめしない3つの理由

  3. 臨床データを調べた人が女性用育毛剤を選ぶならリアップリジェンヌを必ず選んでいる理由とは?【専門薬剤師監修】

  4. 【プラーク除去率最強!】損をしない電動歯ブラシの選び方を科学してみたらコスパが最強な歯ブラシがわかったって話

  5. 【絶対生える発毛剤?】5%ミノキシジルで効果が出ない場合は病院でフィナステリドを処方してもらう必要があり!

  6. 【2020年専門薬剤師監修】ピロリ菌検査してない人必見!信頼できるおすすめのピロリ菌の検査キットはこれ!

監修薬剤師プロフィール

大学病院の専門薬剤師

【経歴】外資系製薬の学術からオファーの経験を持ちTOEIC815を有する専門薬剤師。

▶オンライン診療やドラッグストアで売っている薬で病気が治せたらいいなと思い、当サイトを立ち上げ。

詳しいプロフィールはこちら

ツイッターはこちら


  1. 華乃髪アップを買う前に知っておくべき4つのデータ【専門薬剤師監…

    2022.04.23

  2. 女性薬 ミノキシジル配合外用液1%「FCI」を買う前に知ってお…

    2022.04.08

  3. ボズレーMX1 Womenを買う前に知っておくべき4つのデータ【専門薬剤…

    2022.03.29

  4. 臨床データを調べた人が女性用育毛剤を選ぶならリアップリジェンヌ…

    2022.03.22

  5. 【英語が苦手でも1日で完成】外資系製薬企業内定者による英語での…

    2022.03.10

  1. 【専門薬剤師監修】ストレスで起こる下痢の治し方!この3つの市販…

    2019.03.13

  2. 【最新データで比較】ニコレット?ニコチネル?シガノン?禁煙の厳…

    2019.03.02

  3. 【専門薬剤師おすすめ】市販薬でAGAを「ちゃんと治す」ならこの5択…

    2019.02.26

  4. 【専門薬剤師監修】ちゃんと効く市販薬で花粉症を治すならこの2択…

    2019.02.04

  5. 【2020年専門薬剤師監修】ピロリ菌検査してない人必見!信頼できる…

    2019.01.31

管理者のツイート