【専門薬剤師が勝手にランキング】もっとも口コミ評判が良い最強の風邪薬は?

もっとも口コミの評判が良い風邪薬は?

どんな商品でも買う時に「口コミ」で評判が良いものかどうかって気になりますよね。

薬を選ぶときも「口コミ」を参考にしたいと思う人も多いと思いますが、

ですが、気づいている人もいると思いますが、薬って口コミがないんですよね?
例えば、アマゾンで「風邪薬」を検索してもらうとわかると思いますが、一切口コミがないのに気づくと思います。

どうして口コミが「ない」のかと言いますと、

実は日本では薬に関してのクチコミが禁止されているからです。
参考:一般医薬品のネット販売のルール(口コミやレビューの禁止について)

じゃー、クチコミは調べられないのでは?

って思うかもしれません。

確かに薬に関する口コミは日本で禁止されているので日本のサイトでは調べられませんが、

実はアメリカでは薬の口コミは禁止されていません。

実際にはあとで紹介しますが、アメリカ版のアマゾンを見てもらうとわかると思いますが、口コミが書き込まれています。

ですのでアメリカ版のアマゾンのクチコミを調べて、評判がよい風邪薬と同じ成分の風邪薬を日本で買えばよいわけです。

しかも、調べてみてわかったのですが、クチコミが良い風邪薬は臨床データ的にも良いものが上位になっていることがわかりましたので、風邪薬を選ぶときは参考にしてください。

ここでは専門薬剤師監修のもとに口コミの評判がよい市販の風邪薬のトップ3をランキングにしてみました。


監修薬剤師

✅ 日本で約50人しかいない最難関の指導薬剤師に最速で認定

✅ 医師からの薬の相談件数:年間約1,000件 

✅ 当サイトで解説している市販薬の販売実績:2,700件以上

⇒ 詳細なプロフィールはこちら


1位:タイレノール ★★★★★ 4.8(44,673件)

こちらのお薬はクチコミ数が4.5万件もあります。さらに、評価も★4.8とかなり高評価の風邪薬です。

参考:amazon

また、配合されている成分は「アセトアミノフェン」という熱を下げたり、痛みを取る効果があります。

また、眠くなる成分が入っていないので、勉強や仕事中に眠くなることはありませんのでこれだけ売れています。

また、妊娠している方にも使えますし、副作用も少ないないためもっともおすすめの成分の風邪薬です。

特徴
〇 熱を下げる効果は強い
〇 妊娠している人も使える
〇 胃が荒れたり、眠くなるという副作用はない
〇 風邪だけではなくインフルエンザの熱を下げるのにも使える

ちなみに日本で販売されているの商品はこちらです↓

こちらに記事も参考になります。

【こんな選び間違いしてませんか?】ドラッグストアで本当に買うべき風邪薬【専門薬剤師が解説】

2位:イブ ★★★★★ 4.9(33850件)

こちらのお薬はクチコミ数が3.8万件もあります。さらに、クチコミ件数は1位よりも少ないですが、評価は★4.9とかなり高評価の風邪薬です。

参考:amazon.com

成分は「イブプロフェン」という熱を下げたり、痛みを取る効果があり、1位のアセトアミノフェンと同じくらいの効果があります。

また、眠くなる成分が入っていないので、勉強や仕事中に眠くなることはありません

ただし、こちらのお薬は妊娠している方や15歳以下のお子さんには使えないことや、クチコミ件数が2位となっています。

特徴
〇 熱を下げる効果は強い
✕ 妊娠している人には使えない
△ 眠くなるという副作用はないが、胃が荒れることがある
✕ 風邪には使えるがインフルエンザの熱には使わないほうが無難

ちなみに日本で販売されているの商品はこちらです↓

3位: キッズバファリンシロップS ★★★★★ 4.9(8027件)

こちらは子供用の風邪薬です、クチコミ数が8千件もあり、さらに評価は4.9とかなり高評価の風邪薬です。

参考:AMAZON.COM

成分は1位と同じ「アセトアミノフェン」という熱を下げたり、痛みを取る効果がある成分です。

また、眠くなる成分が入っていないですが、鼻水を抑える成分を配合しておりますので、こちらは子どもの風邪に特化したようなお薬です。

特徴
〇 熱を下げる効果は強い
〇 子供に使える
〇 胃が荒れたり、眠くなるという副作用はない
〇 風邪だけではなくインフルエンザの熱を下げるのにも使える

ちなみに日本で販売されているの商品はこちらです↓

番外編:ロキソニン ★不明

風邪で熱を下げるのに「ロキソニン」を飲んでいる人ほ多いですが、何でこのランキングに入ってないの?

と疑問に思うかもしれません。

実はロキソニンはアメリカでは販売されていません。

ですのでロキソニンの口コミがないという状況です。

しかし、別の記事で解説していますが、ロキソニンはイブプロフェンよりも安全に使えるので、イブプロフェンを選ぶのであればロキソニンを使うことをおすすめします

【間違って選んでない?】イブプロフェン ロキソニンの違いは?どっちが強い?を専門薬剤師が解説!

最後に風邪薬選びのまとめ

風邪薬は日本では色々な成分が入った「総合感冒薬」がよく売れています。

別の記事で解説していますが、「総合感冒薬」は効果の割りに副作用があるなどの理由からあまりおすすめではありません

詳細は別の記事で解説しています。

【こんな選び間違いしてませんか?】ドラッグストアで本当に買うべき風邪薬【専門薬剤師が解説】

その点、アメリカ人は合理的なのか、売れている風邪薬は無駄な成分が配合されていない風邪薬を選んでいる印象です

風邪はアメリカ人でも日本人でも同じ症状になりますので、薬も変わりません。

また、アメリカと日本では市販されている風邪薬は成分はほとんど同じです。

よってアメリカ人にとって評判のいい風邪薬に我々日本人にとっても同じですので、このランキングを参考に風邪薬を選んでみてください。

関連記事

  1. 【専門薬剤師監修】ストレスで起こる下痢の治し方!この3つの市販薬で過敏性腸症候群を治す!

  2. 【専門薬剤師体験談】なぜか花粉症が完治した話

  3. 【最新データFODMAP】過敏性腸症候群の人が避ける食べ物【専門薬剤師監修】

  4. 臨床データを調べた人が女性用育毛剤を選ぶならリアップリジェンヌを必ず選んでいる理由とは?【専門薬剤師監修】

  5. スカルプDとリアップは効果・副作用・コストで違いは?

    「スカルプD メディカルミノキ5」は「リアップx5」と比較して効果は?安全?価格?【ミノキシジル比較】

  6. 【高感度インフル検査?】病院に行くべきか?行くならどの病院か?最新のインフルエンザ対応方法を解説!