【アデノゲンの使いどころ! 】使用期間・気を付ける副作用は?リアップとデータ・口コミで徹底比較!

CMでアデノゲンという育毛剤をよくテレビで見ますので、なにか育毛剤を使おうと思ってアデノゲンってどうかなって考えている人も多いと思います。

でも、医薬品じゃないし(アデノゲンは医薬部外品)効果ってあるの?副作用はないと心配になると思います。

アマゾンなどで口コミを調べてみると、

頭皮が荒れない

べたつかないから使用感はいい

といった意見が結構あり、評価も星4つくらいで好評のようです。

しかし、「副作用や効果がどうなのか」といったことは口コミを読んでいってもイマイチわかりませんでした

そこで、この記事では臨床データをもとに、アデノゲンの効果や副作用って本当のところはどうなのか?専門薬剤師の監修のもとに調べてみました


監修薬剤師

✅ 日本で約50人しかいない最難関の指導薬剤師に最速で認定

✅ 医師からの薬の相談件数:年間約1,000件 

✅ 当サイトで解説している市販薬の販売実績:2,700件以上

⇒ 詳細なプロフィールはこちら


アデノゲンは副作用はほとんど起こらない?初期脱毛は?

アデノゲンの有効成分はアデノシンという成分です。

※商品名が「アデノゲン」で有効成分が「アデノシン」です。ややこしいですね

論文を色々調べますと、副作用はほとんど出ないとのことです。

2013年の報告によりますと、

副作用が起こる割合は53人中2人であり、その二人も頭皮のかゆみといった軽いものです

もちろん全く副作用がない薬はありません。ただ確率はかなり低いようです。

アデノゲンの副作用がほとんどない理由は?

アデノシンは体の中に入るとすぐに分解されます。全身への作用はほとんどありません。

頭皮でのみしか活性がないので、副作用は少なく副作用が起こるとしても頭皮がかゆくなるといった軽いものしかないと考えられます。

アデノゲンは初期脱毛は起こるか?

初期脱毛とは、育毛剤を使い始めると最初は毛が増えるどころか、逆に毛が抜ける現象をいいます。

これはリアップなどミノキシジルという発毛成分の入った育毛剤を使うと、ほぼ100%起こります。

それで、アデノゲンでも初期脱毛は起こるのか?と疑問に思ったので調べた結果、厚労省のデータを調べてみると初期脱毛は起こらないと考えられます。

初期脱毛に関してはアデノゲンと同じ成分の育毛剤の臨床データを読みましたが、特に報告がありません。

PMDA審査情報より

絶対起こらないとは言い切れませんが、初期脱毛は、一時的なもので仮に初期脱毛が起こっても1ヶ月位で収まりますので、どちらにしても気にする必要ありません

アデノシンの発毛効果はどうなの?リアップと比較して臨床データをしっかり調べてみた!

ネットでは育毛剤の発毛効果を調べると色々情報が出てくるかと思います。

実際、アデノゲン(アデノシン)とリアップ(ミノキシジル)の口コミの評価を比較すると、星5つを付ける割合はアデノシンは負けていることがわかります。

別の記事にも書いてますが、育毛剤でもっとも効果的なのはリアップなど「ミノキシジル」という成分の入った育毛剤です。

ではリアップと比べてアデノゲンの臨床データはどうかっているか調べました。

結論から言いますと、アデノシンは育毛効果はありますが、発毛効果は証明されていません

※発毛効果とは、毛髪の本数を増やす効果です。

発毛効果があるのであれば、必ず臨床データを公表するはずですが現時点でそういったデータは公表されてしていないので「アデノゲンは発毛効果はない」と考えて間違いないと思います。

ではアデノゲンにはどのような効果が証明されているかというと、育毛効果のみです。参考:Acta Dermatovenerol Croat. 2013.. 2013;21(3):155-9.

※育毛効果とは今ある髪を太くする効果です。

薄毛がそこまで進行していない人なら「育毛効果」のみでいいですが、薄毛が進行しているなら「発毛+育毛」が必要です。

発毛効果と育毛効果がある育毛剤はミノキシジルという成分の育毛剤のみとなります。詳しくは別の記事で解説しています。

アデノゲンのホームページなどには「発毛効果」があるようなことが書いてあるけど?

これはよくある勘違いなのですが、ネット情報では「アデノシン」には発毛効果があると書いてあります。

色々な研究の結果、アデノシンという「成分」は理論上発毛効果があるだろうということは報告されています。

例えば

アデノゲンは発毛を促進するFGF-7を誘導する

Journal of Investigative Dermatology 2007 Jun;127(6):1318-25.

と報告されています。

ただし、あくまでも「理論上の話」であって人間の頭皮に実際に使って発毛があったということが証明されていません

実際、お医者さんが参考にする教科書にもリアップなどのミノキシジルの推奨度は「クラスA(最高推奨度)」であるのに対して、アデノゲン(アデノシン)は「Bランク」の推奨度となっておりリアップに負けていることがわかります。

よくある勘違い
アデノゲンの有効成分であるアデノシンには発毛効果は証明されていない

発毛効果と育毛効果の両方に期待してアデノシンを含む育毛剤を使っていると残念な結果になる可能性が高いのので注意してください。

アデノゲンは使いはじめてから効果が現れるまでの期間は?

アデノゲンの効果は育毛効果(発毛効果ではありません)があると言うことは説明しましたか、一体どれくらいで効果が現れるか気になる人もいると思います。

リアップは効果が現れるまでに長くて4か月はかかりますが、アデノシンに関してはもっと短期間で効果が現れると報告されてます

明確には判明してませんが、上記の報告から1~3ヶ月から効果が実感できると考えられます。

どのような人がアデノゲンを選ぶべきか?

アデノゲンの特徴はこれまで説明したことをまとめると

アデノゲンの長所・短所
長所→副作用はほとんどない、育毛効果は証明されている
短所→発毛効果はない

となります。

ですのでどういう人がアデノゲンを選ぶべきかというと、

薄毛に予防的に使いたい人向けです。

つまり、現在は薄毛ではないけど、将来遺伝的にも絶対薄毛になるよなーっ人です。

逆に薄毛が進行してしまっている人はアデノゲンを使っても発毛は期待できませんので、薄毛が進行してしまっている人は迷わずリアップなどのミノキシジルという成分の入った発毛作用のある育毛剤を選びましょう

アデノシンが含まれた育毛剤は女性にも効くのか?

アデノシンを含んだ育毛剤は女性にも育毛効果があることは証明されています。

12か月の使用で85%の女性に育毛効果が認められた。

A pilot, double-bind, randomized, placebo controlled trial, J Dermatol, 2008; 35: 763―767

注意:あくまで育毛効果であって「発毛効果」ではないことに注意してください

発毛効果を期待するのであれば別の記事に詳しく書いてますのでこちらを参考にしてみてください。

アデノシンが含まれた育毛剤はどのくらい種類があるか?おすすめは?

アデノゲンをはじめ、アデノシンという成分が入った育毛剤は数え切れないほどたくさん販売されており把握ができないほどです。

ただしその中でも気を付けるポイントを押さえて選べば難しくありません。

選ぶ際のポイントは、アデノシンの濃度です。

具体的にはアデノシンという成分が「0.75%」入ってないと、育毛効果はありません。

例えば、アマゾンなどの通販でアデノシンが入った育毛剤を買うなら2千円台で安くておすすめはこちらのアデノゲン薬用スカルプトニックです。

ちなみにこれは女性でも使えます。

アデノシン以外の育毛成分を色々入れたこちらのような薬用アデノゲンEXという商品もありますが、8千円くらいして高いのでおすすめしません。

基本的はアデノシンという成分以外はそんなに効果ありません。

ちなみに女性が好きそうな成分を配合している女性向けの育毛剤も売ってますが、個人的には高いとおもいます。

この金額を出すなら、もっと効果の高いリアップシリーズがおすすめです。

最後に

アデノゲンはリアップシリーズと比べて発毛効果が劣ります。

理由は、医者が薄毛治療の際に参考にする教科書のようなもの(ガイドライン)には総合的に判断して推奨度がランキングされているのですが、

1位(Aランク)はミノキシジルが入ったリアップなどの育毛剤
2位(Bランク)はアデノシンが入ったアデノゲンなどの育毛剤

となっております。

個人的な見解ですが、薄毛が気になる人や予防的に使いたいなーって人はアデノゲンではなくリアップシリーズでいいんじゃないかと思っています。

関連記事

  1. リアップジェットとリアップX5で効果・安全性・コストの違いは?

    リアップジェットはリアップx5と比較して効果は?安全?価格?専門薬剤師が解説!【ミノキシジル比較】

  2. ザイザルと同じ成分の市販薬は?

    【専門薬剤師監修】市販で買えるザイザルと同じ成分の花粉症薬は本当はあるけど、ほとんどみんな知らないって話

  3. ハナミノキは買うべきか?専門薬剤師が解説

    【女性の発毛剤選び】ハナミノキではなくリアップリジェンヌを選ぶべきとする臨床データとは?専門薬剤師が解説!

  4. グリチルリチンの育毛効果

    【専門薬剤師監修】グリチルリチンの育毛効果を臨床データをもとに解説

  5. 【電話健康相談】JCBのドクターダイレクト24 を利用して助かったって話

  6. 電動歯ブラシのデメリットを臨床データを元に解説

    【臨床データで証明】電動歯ブラシは手で磨くのと比べて歯茎へダメージがあるわけではない!【デメリットなし】