【これで納得】ドラッグストアの漢方って高くない?と思っている方必見!価格の決め方は特殊だった!

ドラッグストアで漢方を購入している人いると思いますが、結構高いなという印象を持っている人が多いのではないでしょうか?

漢方の価格について調べてみたことをまとめてみます。

漢方はそもそも原料が高いから、価格も高いのではないか?

このように思っている方が多数だと思いますが実際はそんなことはありません。
漢方の原料の価格がいくらなのかは公表されていませんが、ある程度推測することができます。

漢方は病院などで医師が処方することによって手に入れることができる「医療用医薬品」とドラッグストアで購入できる「一般医薬品」の2種類に分類することができます。

例えば、風邪の引き始めに飲むことが多い「葛根湯」は病院で処方された場合、

1g=8.4円

となっています。(※実際支払う額は健康保険が適応されますのでこれの3割となります。)

この8.4円の内、一般的には利益率は3割くらいで、人件費などの固定費を差し引くと4割くらいが原材料費となるといわれています(もちろん商品の種類により多少前後します)

つまり、葛根湯1gの内、原材料の費用は2.52円くらいと予想できます。

一方、ドラッグストアなどで購入できる葛根湯の1g当たりいくらかというと、ある通販サイトでは「1g=38.9円」です。(※1包2.5gの葛根湯48包入りで4644円から計算)

わかりにくいので図で表すとこのようになります。
※管理費は同一としており、原料費は一般用の漢方は含量が医療の半分なのでそれに合わせています

 

縦軸のスケールを合わせるとこのようになります。

利益率がものすごい数字になっています。

漢方の値段設定の根拠

通常モノの値段は原価・固定費・利益の見積もりのほかに、市場原理(競合があるのもは利益率を下げたりなど)など様々な要因で決定します。

例えば、Aという商品の原価が下がったら、商品の価格を下げるか、商品の価格は変えず利益率をあげるかは競合他社との兼ね合いで決定されます。

ですが、漢方に関しては、利益率を考えると原価の価格などはあまり価格に関係していないと思われます

なにを参考に価格が決定しているか?

先ほど、価格の設定は原材料費のほかに競合他社との兼ね合いで決まるといいましたが、ドラッグストアの漢方と競合しているのはどこかというと、病院で処方される医療用漢方と競合しています。

 医療用の漢方は、薬自体は安いのですが、一般の人が入手しようとしたら、医師の診察を受けなけらばなりません。その際は薬代のほかにも初診料や医学管理料、処方箋料などがかかります。

つまり、ドラッグストアでの漢方の価格は「病院に行った場合に発生する費用の総額」とつり合いを保っていると考えられます。

同じような額を支払うなら、病院に行って処方してもらうほうが、医師にしっかり診てもらえるのでいいかもしれませんが、会社勤めの方は時間が取れませんので、どうしてもドラッグストアで購入することになるかと思います。

 

別の記事にくわしく説明してますが、最も効果的で安く漢方を入手する方法がオンライン診療で医師に処方してもらうことですので、ドラッグストアで漢方買っているけど、効きが悪いなーって思っている人は漢方外来をオンラインで行っている病院を見つけることをお勧めします。

 

 

まとめ

 漢方の価格は医薬品であろうと、「自由設定」が可能です。ですので、「市場の需要と供給のバランス」を考慮して決められます。

 「市場の需要と供給のバランス」とは病院で漢方を処方してもらった場合の診察費を含めた料金とのバランスで決められていると考えられます。

ですので、ドラッグストアで漢方を買うと、病院でもらう漢方より成分量が少ないのに、トータルの費用は変わりません。

より効果を求めるのであれば、ドラッグストアで市販の漢方を買うより病院で漢方をもらったほうが、効果的です。

 

 

関連記事

  1. 【中性脂肪を市販薬で下げる】病院でも使用されているエパデールTが市販薬として通販でも購入できるようになりました。

  2. 専門薬剤師が伝授する市販薬を使った疲労回復方法

  3. ミノキシジルの生え際への効果

    【専門薬剤師監修】生え際に効かないはうそ!リアップなどミノキシジル外用薬の効果を臨床データから解説!

  4. 【高感度インフル検査?】病院に行くべきか?行くならどの病院か?最新のインフルエンザ対応方法を解説!

  5. ミノキシジルの副作用

    【専門薬剤師解説】ミノキシジル育毛剤を使っている女性が気を付ける副作用はこの5つ!副作用が出たときの対処法も解説!

  6. 【専門薬剤師おすすめ】男性部門の市販の育毛剤ランキング【臨床データから効果が高い順】

サイト内の記事を探す↓

※キーワードを入力すると、このサイト内の情報を簡単に検索できます(例:育毛剤 市販薬)
  1. 【周りから「おっ!」思われたい人必見】年収1000万の40代の…

    2021.09.21

  2. 【一つの情報源だけでは危険!】配合変化を調べる方法・おすすめの…

    2021.09.15

  3. 【未経験でもイケた!】最大手製薬企業の学術への転職に成功した薬…

    2021.08.19

  4. 【病院薬剤師の給料安すぎは嘘!】大学病院の薬剤師の給与を公開!

    2021.08.10

  5. 【若手薬剤師が周りと差をつける!】専門薬剤師が最終的に行き着い…

    2021.08.08

  1. 【専門薬剤師監修】ストレスで起こる下痢の治し方!この3つの市販…

    2019.03.13

  2. 【最新データで比較】ニコレット?ニコチネル?シガノン?禁煙の厳…

    2019.03.02

  3. 【専門薬剤師おすすめ】市販薬でAGAを治すならこの2択【ミノキシジ…

    2019.02.26

  4. 【専門薬剤師監修】ちゃんと効く市販薬で花粉症を治すならこの2択…

    2019.02.04

  5. 【2020年専門薬剤師監修】ピロリ菌検査してない人必見!信頼できる…

    2019.01.31