【専門薬剤師監修】ザジテンを飲んでいる人必見!ザジテンは花粉症を抑える効果が弱いのに眠気が出やすいです!

ザジテン(ケトチフェン)という花粉症薬を飲んでいる人はたくさんいると思います。

と言いますのも、ザジテン(ケトチフェン)は病院から処方されるだけでなく、市販薬として通販ドラッグストアで気軽に購入できるからです。

ここでザジテン(ケトチフェン)を飲んでいる人にお聞きしたいのです、

  • 症状を抑えられていますか?
  • 眠気の副作用強くないですか?

花粉症の薬はたくさんの種類が販売されていて、

色々試した結果、ザジテン(ケトチフェン)に行きついた

というのであればいいのですが、

なんとなくCMで目についたので飲んでいるって人は要注意です。

なぜなら、ザジテン(ケトチフェン)は効果は弱いのに、副作用の眠気が出やすいことが最近わかってきたからです。

臨床データをもとに解説していきます。

このサイトは専門薬剤師の監修をもとに作成しています

そもそもザジテン(ケトチフェン)とは?

ザジテンは有効成分「ケトチフェン」という抗アレルギー薬のひとつです。

抗アレルギー薬の仲間では「アレグラ」などが有名ですが、そのほかにも市販されている成分の種類だけで6種類の抗ヒスタミン薬があります。

市販されている抗アレルギー薬一覧
フェキソフェナジン(アレグラ等) ロラタジン(クラリチンなど) ケトチフェン(ザジテンなど) エピナスチン(アレジオン等) エバスチン(エバステル等) ベポラスチン(タリオン等) セチリジン(ストナリニ等)

冒頭にも書きましたが、ザジテン(ケトチフェン)はこの中でも効果は弱く、眠気の副作用が出やすいことが臨床データから証明されていますので解説していきます。

ザジテンの花粉症への効果はアレグラと同じくらい!ただし、鼻づまりを押さえる効果はアレグラより弱い!

花粉症の薬の中で「アレグラ(フェキソフェナジン)」というのが結構有名です。

アレグラは効果はあまり強くありませんが、副作用も少ないので、花粉症の症状が軽い人にはおすすめです。

効果の面をアレグラと比較しますと、

ザジテン(ケトチフェン)の効果はアレグラ(フェキソフェナジン)と同じ
といえます。参照:耳鼻臨床 補119:1-20、2007

注意してほしいのは、この効果はくしゃみ 鼻水を押さえる効果に関して同じということです。

花粉症の症状でくしゃみと鼻水はメジャーな症状ですが、もうひとつよくある症状に鼻詰まりがあります。

鼻詰まりを治す効果はアレグラ(フェキソフェナジン)も強くありませんが、ザジテン(ケトチフェン)はさらに弱いです。

参照:耳鼻臨床 補119:1-20、2007

ですので、ザジテン(ケトチフェン)を飲んでいて鼻詰まりがひどい人はアレグラにするとよくなる可能性があります

ザジテン(ケトチフェン)を飲んでいる人には眠気の副作用が出やすい

ザジテン(ケトチフェン)を飲んでいて、眠気がつらいって人いませんか?

花粉症の薬は眠気があるのはしょうがないと思って諦めている人が多いように思いますが、諦めるのは早いです。

と言いますのも、ザジテン(ケトチフェン)は比較的、眠気が出やすいことがわかっています。

アレグラとの比較になってしまいますが、ある報告では、アレグラの4倍眠気が起こりやすいと書いてあります。

 アレグラ(フェキソフェナジン)ザジテン(ケトチフェン)
眠気の発生頻度(%)2.7%14.1%

参照:耳鼻臨床 補119:1-20、2007

アレグラ(フェキソフェナジン)と比較して、ザジテン(ケトチフェン)は効果が同じ(というかちょっと弱い)なのに眠くなりやすいということで、ザジテンはいいとこなしです。

別の記事には市販の花粉症薬の選び方を解説していますので、良かったら参考にしてください。

・効果と眠気の副作用を考慮した市販の花粉症薬の選び方

ザジテン(ケトチフェン)の効果・眠気のまとめ

アレグラ(フェキソフェナジン)とザジテン(ケトチフェン)は効果はほぼ同等(少しケトチフェンが弱い)なのにザジテンは眠気の副作用が出やすい

ちなみに全ての花粉症薬の効果と眠気の関係を臨床データにもとづいてグラフ化するとこうなります。

花粉症選びの際に参考にしてください。

花粉症薬ランキング

こちらの記事もおすすめです。

関連記事

  1. 【専門薬剤師体験談】なぜか花粉症が完治した話

  2. 【診療報酬改定】2020年から花粉症の人の受診料が高くなる?【高くなる人の特徴は?】

  3. 【図解解説】処方せんをスマホで送ると薬の受け取りが簡単で効率的にする手順紹介!

  4. 専門薬剤師が育毛剤のニューモを科学的に検証したらこれを買う理由が見つからなかったって話!

  5. 【臨床データに基づくと選ぶべきはこの一択】子供が花粉症になった時の市販薬の選び方!

  6. 【絶対生える発毛剤?】5%ミノキシジルで効果が出ない場合は病院でフィナステリドを処方してもらう必要があり!

サイト内の記事を探す↓

※キーワードを入力すると、このサイト内の情報を簡単に検索できます(例:育毛剤 市販薬)

監修薬剤師プロフィール

大学病院の専門薬剤師

【経歴】外資系製薬の学術からオファーの経験を持ちTOEIC815を有する専門薬剤師。

▶オンライン診療やドラッグストアで売っている薬で病気が治せたらいいなと思い、当サイトを立ち上げ。

詳しいプロフィールはこちら

ツイッターはこちら


  1. 【CMに騙されないミノキシジル選び!】臨床データが読めたらLABOMO…

    2022.01.01

  2. 【図解解説】処方せんをスマホで送ると薬の受け取りが簡単で効率的…

    2022.01.01

  3. 【猫で覚える英単語】大学入試英単語をストレスなく自然と覚えるシ…

    2022.01.01

  4. 【女性の発毛剤選び】ハナミノキではなくリアップリジェンヌを選ぶ…

    2021.12.23

  5. 【製薬企業の幻想】私が年収900万の外資系製薬企業を蹴ったって…

    2021.12.08

  1. 【専門薬剤師監修】ストレスで起こる下痢の治し方!この3つの市販…

    2019.03.13

  2. 【最新データで比較】ニコレット?ニコチネル?シガノン?禁煙の厳…

    2019.03.02

  3. 【専門薬剤師おすすめ】市販薬でAGAを治すならこの5択【ミノキシジ…

    2019.02.26

  4. 【専門薬剤師監修】ちゃんと効く市販薬で花粉症を治すならこの2択…

    2019.02.04

  5. 【2020年専門薬剤師監修】ピロリ菌検査してない人必見!信頼できる…

    2019.01.31

管理者のツイート