【最短で取得できる症例の書き方!】薬物療法専門薬剤師を取得の際に実際に提出した50症例を一挙公開!【薬物療法指導薬剤師監修】

現在薬剤師の世界では認定薬剤師や専門薬剤師などの資格を様々な学会で認定しております。

実際に私が取得している資格は、

・医療薬学会薬物療法指導薬剤師
・医療薬学会薬学専門薬剤師

の2つです。

この中で、取得する上で大変だったのは薬物療法専門薬剤師です。

取得にあたり満たさなければならない要件がいくつかありますが、特に実際に介入した「50症例」を書くのが大変でした。

特に、どのくらい詳細に書くのか?といった疑問がありとても悩んだのを覚えています。

薬物療法専門薬剤師は病院内のでプレゼンスを増すだけでなく、収入の面でもかなりのプラスになる資格であることを実感しています。

取得はかなり大変ではありますが、取得できればその大変さが報われるメリットはあると感じています。

ですので、専門薬剤師を目指しているけど、

・症例ってどう書いたらいいかわからない
・そもそもどのように治療に介入したらいいかわからない

という方の参考になればと思っています。

【1例目:58歳・男性 アルコール依存症に対する腎機能低下症例への薬物療法】

P(problem):アルコール依存症の患者に対して抗酒療法が検討されシアナマイド1日10mLで開始された。その後血清クレアチニン値が1.45mg/dlから1.70 mg/dlに上昇し薬剤性の腎機能障害が疑われた。

A(assessment):Scr1.7mg/dLはCLcr34.1mL/min(Wt51kg)で中等度の腎機能障害があると考えられる。また肝機能はChild-pugh分類でBクラスであった。心障害は特に認められなかったが継続使用の是非を検討する必要があると考えられた。

P(plan):腎障害の更なる悪化の懸念があり、肝機能障害も認められたため、代替薬として、腎排泄が主で肝障害でも使いやすいレグテクトを推奨した。用量は腎機能を考慮して333㎎×3とした。

O(outcome):腎排泄型であるため、腎障害の悪化に注意が必要と考えられたためBUN、Scrをモニターし、24週を目標に治療を継続した。投与開始5日目に薬剤性の下痢が認められたが、投与の継続により軽減するとの報告があるため、投与継続を推奨し、その後下痢症状は認められなくなった。


2例目以降は限定コンテンツとさせていただいて公開する方を限定させていただいております。

参考:50症例一覧
・アルコール依存症に対する腎機能低下症例への薬物療法
・メソトレキセート大量療法時の副作用対策
・本態性振戦の薬剤性徐脈に対する処方設計
・アスピリン喘息の既往のある患者へのステロイドパルス療法
・腎機能低下症例の脊椎骨折による疼痛時の鎮痛薬の選択
・透析中の患者へのプラリアの投与設計
・腎移植後の腎機能障害時の免疫抑制剤の投与設計
・心不全治療中の低カリウム血症に対する薬物療法
・内服困難な高血圧患者に対する薬物療法
・ピトレシン注射(バソプレシン)からデスモプレシン点鼻への切り替えによる尿崩症の管理
・注射薬で管理していたレートコントロールを経口薬での管理へ切り替え
・ワーファリンの用量調整
・特発性間質性肺炎治療中で薬剤性の腎障害が疑われる患者の処方設計
・間質性肺炎の増悪時の処方設計
・2次除菌で尿素呼気試験で陽性となり、その後の薬物療法
・経管投与で管理されていた便秘患者の薬物療法
・DM性腎症で透析中の患者の便秘の対策
・ミルクアレルギーに対する栄養管理
・MHC Class2欠損患者の重症慢性下痢に対してエンブレル皮下注の使用
・難治性の潰瘍性大腸炎の薬物療法
・GVHDの口腔内潰瘍悪化の薬物療法
・GVHDの予防で使用していたグラセプターの過量投与後のマネージメント
・ヘモクロマトーシス患者の肺MAC症の併発時の処方設計
・急性狭隅角緑内障患者への睡眠薬の投与設計
・インスリンを導入した2型DM患者の血糖コントロール
・AML-M2で加療中の好中球減少時発熱に対してVCMを使用し、その投与量設計依頼
・ペニシリン系の薬疹が疑われた梅毒患者の抗菌薬の薬剤選択
・胆管炎の疑いで緊急入院した患者の抗菌薬の投与設計
・DJカテーテル留置しており、抜去2日後発熱を認めた。尿培養の結果を受けた処方設計
・血友病A、皮下ポートを挿入中のポート感染疑いでの、抗菌薬の投与設計の依頼
・AMLに対して地固め療法1コース目で前回入院時にキノロン使用時に薬疹が認められ、FN予防での使用する抗菌薬の選択
・肺炎疑いの抗菌薬の投与設計
・DM、高度肥満、腎不全患者の抗真菌薬の投与設計
・同種造血幹細胞移植後の発熱に対する感染マネージメント
・骨髄移行性を考慮した抗菌薬治療
・肥満症例に対するアルベカシンの投与設計
・妊娠中の肥満患者の感染症のコントロール
・小児で腹膜透析中に腹膜炎が疑われたため、感染コントロールのための抗菌薬の処方設計
・肺MAC治療中に肺アスペルギルス症を併発した症例に対する抗真菌薬の選択
・相互作用が懸念された抗菌薬の処方設計
・関節リウマチの治療中の患者のPCP予防にバクタの減感作療法を実施
・ERCP時の感染予防のために抗菌薬の使用方法
・ワーファリン内服中の患者の食道カンジダの薬物療法
・モルヒネ製剤の眠気に対する処方設計
・乳がん患者の腎機能障害を伴う高Ca血症のマネージメント
・肝機能障害がある患者への腎がんに対する薬物療法
・オピオイドローテーションの処方設計
・初発の神経膠腫にテモダールを42日使用する場合の制吐剤レジメンの提案
・膀胱癌に対するMMCの膀胱内保持時間の検討
・NSAIDsによる肝機能障害が出現した症例に対する解熱の投与設計

パスワード発行画面よりアンケートに答えていただいた方に限りパスワードを発行させていただいております。

お手数ですがご協力いただけると助かります。

関連記事

  1. 【ワールドワイドキッズで後悔した人必見 】TOEICハイスコア保持者の親が考えるワールドワイドキッズの利用価値!

  2. 【面接の質問と回答を公開】最大手外資系製薬企業のメディカルアフェアーズ部門から900万円でオファーをもらう方法とは?

  3. 【専門薬剤師が暴露!】専門薬剤師を取るメリットは給料が増えること!いくら増えるか実体験を公開!

  4. 【製薬企業の幻想】私が年収900万の外資系製薬企業を蹴ったって話!

  5. コーヒーって3杯くらい飲むのが体に良いと言われてますが、長生きしたいならできるだけ飲んだほうがいいよって話

  6. 【個人輸入薬の安全性の徹底解説】安全な医薬品の代行サイトは?どうやったら偽造品と見分けることができるか?

監修薬剤師プロフィール

【経歴】大学病院薬剤部で最速昇進記録⇒35歳で外資系製薬の学術から年収900万円のオファー

【資格】TOEIC815、薬物療法指導薬剤師

▶オンライン診療やドラッグストアで売っている薬で病気が治せたらいいなと思い、当サイトを立ち上げ。

詳しいプロフィールはこちら

ツイッターはこちら


  1. スカルプD薬用育毛トニックはリアップジェットと比較して効果は?安…

    2022.11.06

  2. 【最短で取得できる症例の書き方!】薬物療法専門薬剤師を取得の際…

    2022.10.30

  3. 【エパデールEM】概要・作用機序・類似薬・比較臨床試験 【専門薬剤…

    2022.10.16

  4. 【専門薬剤師監修】グリチルリチンの育毛効果を臨床データをもとに…

    2022.10.15

  5. 【専門薬剤師監修】サクセスはリアップと比較して育毛効果は?臨床…

    2022.09.19

  1. 【専門薬剤師監修】ストレスで起こる下痢の治し方!この3つの市販…

    2019.03.13

  2. 【最新データで比較】ニコレット?ニコチネル?シガノン?禁煙の厳…

    2019.03.02

  3. 【こんな育毛剤選び間違いしてませんか?】市販薬でAGAを「ちゃんと…

    2019.02.26

  4. 【こんな選び間違いしてませんか?】ちゃんと効く市販薬で花粉症を…

    2019.02.04

  5. 【専門薬剤師監修】ピロリ菌検査してない人必見!信頼できるおすす…

    2019.01.31